難しい賃貸選び!どのような手順で進めれば失敗しない?


まずはネットで情報を集めよう!

ネットには多くの賃貸情報物件が掲載されているサイトがあります。まずはそういったサイトを利用して、自分好みの物件を探してみましょう。不動産屋さんに行って探すのも1つの方法ですが、0の状態から探し始めても無駄に時間がかかってしまいます。場合によっては何軒も不動産屋を巡ることになるので、ある程度めぼしい物件を見つけておいたほうが効率がよいです。サイトによって取り扱っている物件が変わるので、いくつかのサイトを利用して比較するようにしましょう。

めぼしい物件が見つかったら不動産屋さんに相談!

ネットで良さそうな物件が見つかったら、その物件を取り扱っている不動産屋さんを訪れてみましょう。プロに相談すれば、自分だけでは見えてこない物件の情報を知ることができます。また物件自体の情報だけでなく、周辺環境がどうなっているかも教えてもらえます。どんなによい物件でも、建っている場所で住みやすさは大きくかわります。特定エリアに強い不動産屋さんに相談すれば、その街の住みやすさも知ることができます。

最終的には自分の目で見て判断!

ネットの情報、不動産屋さんの情報をもとに良い物件を探すことができたら、最後は自分の目で見て判断しましょう。そのためにも、契約前に内見しておくことは大切です。実際物件を訪れてみて初めて分かることも多くあります。建物の劣化具合や細かな間取り、コンセントの位置など書面では分からないことも多いです。特にその物件の周りにどのような人が住んでいるか、大通り沿いで車の音がうるさくないかなどは物件に足を運ばないと分かりません。内見ではそういったポイントをしっかりと見ておきましょう。

江別の賃貸はインターネットなどから探すこともできますが、新聞の折り込みチラシに物件の案内が入ることもあるため、まめにチェックしましょう。