理想と現実を見極めよう!注文住宅の進め方


気になる予算。譲れる譲れないを明確に

憧れのマイホーム、あれもこれもやりたいことはたくさんで夢は膨らむばかりですよね。打ち合わせが始まるとイメージが具体化され「あ、これいいな!」「一生に一度だからやっちゃおうか」とますます気持ちは高ぶります。しかし全て予算あってのことです。しっかりと予算をかける点をしぼっておかないと最終的に恐ろしい金額にはね上がります。あらかじめしぼっておくことで打ち合わせに時間をかけるべき点もみえてくるので明確にしてから取り組みましょう。

最も重要な設計士との相性も大切

こちらの要望をかなえてもらう上で1番大切なのは設計士との相性です。やりたいことを伝え形にしてくれる一方、もちろん設計士も自分のセンスやこだわりを伝えてきます。ときに斬新で奇抜なデザインを提案してくることもあります。依頼者であるこちらの要望をあまりにもくみ取ってもらえないようでしたら、設計士の変更をしてもいいと思います。

作りつけの家具は少なめに!

シンプルで生活感のない暮らしは誰しも一度は憧れます。作りつけの棚やカウンターは一体感もあり無駄がない一方、自由がききません。ふとインテリアを変えたいタイミングは気分、気候、ライフスタイルの変化などさまざまなことから訪れると思いますのでよく考えましょう。

明るいキッチンから元気な家を!

ご飯の時間は毎日にかかせません。そんな当たり前で大切な食事を大きな窓が見えるところから作ってみてはどうでしょう。生き生きとした緑や綺麗な夕日が見えたり、1日の風景の移り変わりを楽しめると自然と心も豊かになり穏やかに過ごせる気がします。せっかくの注文住宅、キッチンにこだわってみてもいいですよね。

愛知の注文住宅を購入する予定なら、マイホームに対するこだわりを明確にすることがコツです。耐震性やセキュリティ対策など、希望の条件を満たしたマイホームを建てられます。