個人事業主の方々に嬉しい賃貸オフィスの利点


SOHOスタイルには限界も、リアルなオフィスの必要性

SOHOという新しいビジネススタイルが普及して来ました。自宅の一室をオフィス代わりにして、ネット経由でお仕事を請け負い、完成したデザインやデータをクライアントまで送付する、という働き方をする人々がいらっしゃいます。利点は費用が抑えられる点ですが、ある程度SOHOの規模が大きくなると、今後は本格的にオフィスを構える事を検討したいところです。SOHOのスタイルでは得られる利益、またビジネスパーソンとしての信用力にも、現実問題として限度があります。実際に街中に事務所を設ける事で、今まで以上に大きなプロジェクトに携われたり、大手の企業や海外のクライアントから、条件の良いお仕事が請け負えます。

ただ個人事業主の場合、いきなり自社ビルを購入するのは、流石にハードルが高いです。初期投資のコストが膨大になりますし、SOHOスタイルから一般的な事務所のスタイルにステップアップすれば、スタッフの人件費や各種OA機器の導入やオフィス家具の一括購入など、色々な面で先行投資が求められます。

賃貸オフィスを選ぶメリットについて

購入ではなく賃貸オフィスを活用する、この選択肢であれば初期投資の費用を大幅に節約出来ます。実際に多くの若手ビジネスマンは賃貸オフィスを積極的に活用しています。非常にコストパフォーマンスと利便性に優れた賃貸物件が設けられています。広々とした間取り、綺麗な室内で充分な家具とパソコンが置ける空間があり、駅や主要な商業施設、ビジネス街までのアクセスが良好、そういったオフィスが若手経営者でも安価な費用で素早く契約出来ます。物件購入に比べて手続きが簡素化されているのも利点であり、郊外の街から都心の一等地まですぐにでも進出したい時にも重宝します。

中央区で賃貸オフィスを探すなら、最高の場所はやはり銀座でしょう。しかし、賃貸料が高いのがネックです。そこで穴場なのが京橋や新富町などの銀座から歩いてすぐの場所です。賃貸料がかなり抑えられます。