ローコストの家造り!価値ある住宅を作るポイント


ローコストで家を建てるポイント

家は人生で最も高価な買い物ですので妥協はしたくないという人も多いですが、できるだけローコストで住宅を作りたいというケースもあります。そんな時には、家を建てる時のポイントを知っておくことで価値がありながらもローコストになる住宅を建てることが可能です。ローコスト住宅を建てる時にコストを抑えることができるポイントとしては、住宅の形をできるだけ正方形にすることが良いとされています。住宅の形がデコボコになるとその分費用がかかりますが、可能な限り一階と二階の大きさを同じにすることで安くすることができます。平家や3階建てよりも2階建ての方が費用を抑えられます。間取りも部屋数を少なくすることで、費用を抑えることが可能です。そのため部屋数が多ければ、それだけ材料費などがかかります。

価値ある家造りをするためには

ローコストな家造りをする場合、部屋数などを少なくする以外にも水回りを集中した場所に作ることで配管を短くすることができ、一階と二階で水回りの位置を近くにすれば配管設置もスムーズに行えてそれだけ費用を安くすることができます。様々な工夫をすることでローコストの家造りは行えますが、価値のある家造りをするためにはこだわりたい部分と、こだわらなくても良い部分のメリハリをしっかりつけることが大切です。重要な部分までローコストにしてしまうと、居心地の悪い家になってしまいます。そのためこだわりたい部分を大切にすることが重要なのです。メリハリをつけるためには、家を作る前にハウスメーカーなどとしっかり相談することが理想の家造りの実現につながります。

注文住宅を検討する際に、2000万の家であればキッチンやバスルームにもある程度こだわりをいれたもので対応できることが多いです。ただし、こだわりが強すぎると2000万では足りません。