失敗しないために知っておくべき注文住宅の知識


自分に合う業者を選ぶこと

できあがってからの注文住宅の良し悪しというのは、施工を担当する施工業者によって左右されるといっても過言ではありません。従って、業者選びがとても重要になってきます。一般的に施工業者はハウスメーカーと工務店に分かれます。ハウスメーカーは全国規模で展開しているところが多く、広い地域で住宅展示場や営業拠点を構えています。住宅建築のプランや細部はすでに標準的な仕様が決められていることが多く、依頼主の要望を取り入れながら作っていくというよりは、定められた仕様の中から選んでいくことになります。これに対して工務店は、依頼主の要望を受け入れながらひとつひとつオーダーメイドのような方法で作り上げていきます。住宅の品質については、ハウスメーカーは品質管理がしっかりしているため完成度にばらつきが少ないのに対し、工務店は職人の腕の良し悪しが住宅のできばえを左右するため完成度にばらつきがあります。両者の異なる性格を踏まえた上で、自分のイメージに合った業者を選ぶことが大切です。

住宅設計はどうのようにすればよいの?

住宅を設計するのに大事なことは、その家でどのように生活するかをイメージすることです。小さい子供のいる家族であれば、家族みんなで過ごす時間が長いため部屋数は少なくてよいかもしれません。でも、子供が成長していけば子供部屋も必要になります。また、一人ひとりが思い思いに独立して過ごすライフスタイルの家族であれば、その分、部屋数も必要です。完成してから実際の生活とのズレが生じないよう、家族全員の生活イメージを設計に落とし込んでいくことがとても重要です。

間取りってどう考えればよいの?

設計の段階での楽しみのひとうに間取りを考えることがあります。でも、理想を優先してしまうと、実際には住みにくいものとなる場合があります。では、住みやすい間取りにするにはどうすればよいのでしょう。まず、置く予定の電化製品や家具をピックアップします。そしてそれらをその大きさに配慮しながら設計図にあてはめていきます。この作業をすれば、家具が置けずにいびつな部屋の使い方になってしまったなんていう失敗は起こりません。

収納と動線は大切なもの

よく聞く失敗例に収納不足が挙げられます。新しい家で生活を始めるときは、家具やインテリアも新調する人が多く、実際には買ったけれど置けなかったというケースが多々あります。子供が成長するにつれて洋服や持ち物がどんどん増え、収納スペースに収まりきらず、空いた部屋が物置部屋になってしまったということもよく聞きます。収納については、イメージよりも大きなスペースの確保を考えることが大切です。動線についても、家族の生活スタイルとその変化を考慮しながら設計に反映させることがとても重要です。

神奈川の注文住宅を考えた時には、エリア選びはとても大切です。例えば同じ横浜市で隣り合っていても、治安や利便性に驚くほど差があるからです。しっかりと自分の将来設計と合った環境をリサーチしてください。