注文住宅のいろいろな工法の基本構造を知っておこう


木造軸組工法について

注文住宅で家づくりを考えるときは、まずは基本的な家づくりの建築工法や構造を知っておきましょう。どの工法のタイプが自分たちの理想の家に近づけられるかは、それぞれの特徴をよく把握して、見極めていくのがポイントです。注文住宅の工法で多いタイプが日本の伝統的な「木造軸組工法」です。木の柱や梁で骨組みをつくり、床や壁、天井などのあらゆる場所を木材で組み合わせてつくる工法です。組み合わせるには、一定以上の技術も必要になります。メリットは、湿気に強く通気性が良いことと、完成後に間取りの変更や増築などのリフォーム設計がしやすいところです。木造軸組工法は、地域密着型の工務店が得意としており、熟練の職人が在籍する業者を選べば品質の良い仕上がりが望めます。また、ハウスメーカーでも広く用いられている工法です。

2×4工法の基本構造について

2×4工法は、1800年代に北アメリカで生まれた建築工法です。柱ではなく、壁で建物を支えるタイプの工法で、天井や床、壁のパネルをつくり、それを組み合わせて建てられます。地震や暴風などの外からの衝撃を、パネルが分散するように設計されているため、耐久性が高いという大きなメリットがあります。また、素材は木材であることも多く、家の建築の際に使用される角材のサイズが2インチ×4インチであることから、2×4工法と呼ばれています。木造の暖かみや自然の質感も生かされます。既に出来上がった角材にパネルを組み合わせて建築する単調な工法なので、特別な高度な技術が必要ありません。主にハウスメーカーが採用している工法です。

プレハブ工法の特徴とメリット

プレハブ工法は現場で職人が素材を加工したり、施行したりするのではなく、あらかじめ工場で床や壁などのパネル部材をつくり、それを現地へ運搬して組み合わせる建築工法です。専門工場が必要な場合が多いため、大手ハウスメーカーで多く用いられています。素材は木質系や鉄骨系、コンクリート系やユニット系など、色々あります。一番のメリットは、効率の良い建築工法であることから、工期が早いことです。短期間で住宅ができるため、プレハブ工法は災害時の仮設住宅にも採用されている工法の一つです。簡易な工法の建て方だと思われがちですが、強度が弱いということはなく、一般の注文住宅の工法として広く使われています。プレハブ工法は高い技術がいる難しい工法ではないため、職人の経験や技術に左右されず、品質の良い安定した注文住宅を建てることができます。

東京の注文住宅を依頼できる業者は多くありますが、業者は経験や実績がある所を選ぶのがいいでしょう。また、アフターケアがしっかりしている所は建てた後も安心だと言えます。