理想の家をイメージできる?注文住宅を建てる前に考えておきたいこととは?


家を建てたい理想の「立地」をイメージしましょう

注文住宅で家を建てると、自分の思い通りの家を建てられます。だからこそ事前にしておきたいのが「理想の家」のイメージをはっきりさせることです。そのために理想の家に求める条件を思い浮かべて、メモ帳などに箇条書きにしていきましょう。例えば「立地」について考えてみましょう。家のある場所はどこがいいでしょうか。会社に近い場所に家があると嬉しい人もいれば、家の前に海があるのが理想的だという人もいるでしょう。とにかく治安がいいことが最優先という人もいるはずです。

家族で新居に住む予定の人は、自分だけでなく家族のことも考えてみましょう。専業主婦の妻が、一日を過ごす家としてどのような立地が望ましいでしょうか。散歩をして気分が良い、川沿いの場所に家を建てたり、洗濯物を干すと気分がいい、高台に家を建てると素敵でしょう。子供が学校から家に帰る様子を思い浮かべれば、交通量が少ない道沿いの家がいいかもしれません。このように住み人の生活を具体的にイメージすると、理想の立地がイメージできるようになります。

誰かの「理想」を叶えるのも素敵です

家を建てる時、自分が快適住める場所を確保したいという思いだけでなく、家族の誰かの理想を叶えるために家を購入する人も少なくないでしょう。例えば仕事が大好きな会社人間の夫は、新居にいる時間がそれほどないかもしれません。このタイプの男性が家を建てる理由として「妻の夢を叶えたい」という思いを持っていることがあります。妻の夢を叶えたいと思ったら、妻に「理想の家」のイメージをするよう働きかけてみましょう。家に求める条件、理想の立地や間取りをじっくりと考えてみるように言ってみましょう。

子供が犬を飼いたいという夢があり、それを叶えるためにマンションから注文住宅で建てた一軒家に引っ越そうと思う人もいます。子供がどんな犬を飼いたくて、どんな暮らしをしたいかを聞き出してみましょう。大きな犬と庭で遊びたいという理想があるなら、郊外の広めの土地に、広い庭付きの家を建てると子供の夢を叶えることができます。

老後のこともじっくり考えてみましょう

ほとんどの場合、注文住宅で建てた理想の家で生涯を終えたいと思っていると思います。だとしたら、若い時期のためだけでなく、老後も快適に暮らせる家づくりを考えてみましょう。田舎暮らしは楽しいかもしれませんが、高齢になり自動車を運転できなくなったら困ることが多くなります。縦長の狭小住宅の、階段の上り下りがしんどくなる事も考えられます。70歳、80歳になった自分もイメージしたうえで、「理想の家」を考えてみると、最高の家のイメージに近づくのではないでしょうか。

千葉の注文住宅は利根川や印旛沼の氾濫に備えて、盛土工を施した住宅が人気です。盛土工によって軟弱地盤を安定させられるので、耐震性の高い住宅が建てられます